本文へスキップ

○○○○○○○○○○○○○○○夏目漱石記念年実行委員会

夏目漱石・記念年実行委員会のホームページへようこそ。

 夏目漱石(本名金之助)は1867(慶応3)年、江戸牛込馬場下横町(現在の新宿区喜久井町)に生まれ、日本の近現代文学史を代表する『吾輩は猫である』『坊っちやん』『草枕』『三四郎』『こゝろ』など数々の名作を著し、
『明暗』執筆半ばの1916(大正5)年12月9日、49歳10カ月の生涯を閉じました。

新着情報


高校生の君たちへ 漱石作品 読書感想文募集!
 

夏目漱石生誕150年となる記念年を機に、ひとりでも多くの高校生に漱石の作品に触れてもらうため、夏目漱石記念年実行委員会は「高校生の君たちへ 漱石作品読書感想文コンクール」を実施します。
【募集期間】 2017年7月20日〜10月31日(当日消印有効)
【応募資格】 全国の高校生(2017年度中の1年生、2年生に限る)
【応募要領】 小説『坊っちゃん』『草枕』『三四郎』『心』から好きな一篇を選び、四〇〇字詰め原稿用紙3〜5枚以内で感想をまとめる。応募の際は◎タイトル、住所、氏名(ふりがな)、年齢、性別、学校名、学年、電話番号ーを明記した別紙を添付すること。
【各  賞】 最優秀賞 1名(賞状、楯、記念品、図書カード3万円)
       優秀賞  4名(賞状、楯、記念品、図書カード1万円)
       佳作   8名(賞状、記念品、図書カード5千円)
       奨励賞  16名(賞状、記念品、図書カード3千円)
【入賞発表】 2018年3月(入賞者には直接通知し、同実行委加盟団体の機関紙及び、辞書・事典検索サイト「ジャパンナレッジ」の特設ページでも公表します。
【表 彰 式】 2018 年5月6日(日)午後1時 県立神奈川近代文学館ホール
【応 募 先】〒192-0364
      東京都八王子市南大沢3-4-3-103 夏目漱石・記念年実行委員会事務局
      電話:080−5533−2250
【問合わせ】実行委事務局またはメール:sosekikinen@gmail.com
【主 催】 夏目漱石・記念年実行委員会
【共 催】 鎌倉漱石の會、草枕ファン倶楽部、くまもと漱石倶楽部、修善寺漱石の会、「漱石と広島」の会、長野漱石会、木耀会、和歌山漱石の会
【後 援】 新宿区、県立神奈川近代文学館、朝日新聞社、岩波書店、ネットアドバンス、特定非営利活動法人オペラ彩
チラシはこちら
応募用紙はこちら

「二百十日」俳句大会
夏目漱石の短編小説『二百十日』の舞台は阿蘇です。明治三十二年の夏、阿蘇神社を参拝し、阿蘇中岳登山
を試みました。
【日  時】 2017年9月1日(金) 13時30分〜16時
【会   場】 熊本県阿蘇市内牧 山王閣
        熊本県阿蘇市内牧 482-2
【投句要項】2句一組 何組でも可
・題 阿蘇 または 雑詠
・未発表のもの(結社誌等掲載句は発表済みとする)
・所定の投句用紙又はB5判二百字詰原稿用紙使用
【選   者】 永田 満徳 俳人協会幹事 俳句大学学長 俳誌「火神」編集長
【投 句 料】 二句一組 千円
・郵便小為替 ・現金書留
【締   切】 2017年8月18日(月)(当日消印有効)
【投 句 先】 〒869-2301 熊本県阿蘇市内内牧482-2
山王閣内 工藤方「二百十日」俳句大会係
    TEL:0967-32- 0625(代表)
    FAX:0967-32- 3592
投句用紙はこちら   

篠笛と朗読「かなでる×かたる〜想い」
愛するがゆえに言えないこと、愛しているからこそ言わなくてはいけないこともある
【日 時】2017年10月29日(日)13:00開場 13:30開演
【会 場】紀尾井小ホール 東京都千代田区紀尾井町6番5号
・第1部】夏目漱石生誕150年記念朗読劇≪こころ〜先生の想い〜≫
     脚本・演出 葉月のりこ
・第2部 篠笛と詩の情景(出演:佐藤和哉・葉月のりこ)
 篠笛『オベールの祈り』×詩『神と舞姫』ほか
【料 金】大人:前売 \4,000/ 当日 \4,500
     中学生以下:前売 \2,000 / 当日 \2,500 
主催:日本朗読検定協会プチプラージュ  詳しくはこちら

漱石からの手紙 漱石への手紙ー夏目漱石生誕150年特別展ー
手紙の名手としても知られる漱石。生誕150年を迎え『こころ』の舞台となった鎌倉で、漱石が友人らに送った手紙と受け取った手紙につづられた文面から漱石の内面を探る特別展が開かれています。
【日 時】 2017年7月9日(日)まで 詳しくはこちら
【会 場】 鎌倉文学館 
【開館時間】9:00〜17:00 〈会期中の休館日 4/24(月)、5/8(月)、6/19(月)、7/3(月)〉
【入館料】 一般400円(280)円、小中学生200(140)円 ( )は20人以上の団体料金
【主 催】 鎌倉文学館指定管理者 鎌倉市芸術文化振興財団・国際ビルサービス共同事業体
【後 援】 夏目漱石・記念年記念年実行委員会




「草枕」の旅をウォーキングで追体験!


明治30年の暮れ、夏目漱石こと金之助は、五高の同僚・山川信次郎と熊本市郊外から峠を越え、小天温泉へと旅をしました。この経験を素材に「草枕」を著します。
2017年の今年で小天旅行から120年を迎えるのを機に草枕交流館(玉名市)は12月29日、漱石がたどった旅路を完全再現した「草枕ウォーキング」を開催。多くの漱石ファンが当時の草枕の舞台に想いを馳せつつ、熊本市内の漱石旧居跡付近から小天温泉までの約23qを踏破しました。
ウォーキング体験記はこちら











「俳句フォト夏目漱石の旅」作品募集!

漱石ゆかりの場所を撮影した写真と自作の俳句でオリジナルの作品を作ってみませんか。
漱石が訪れた土地や小説の舞台など、漱石に関係のある写真と俳句を組み合わせた
「俳句フォト」を募集しています。

 
    

お知らせtopics

「漱石くん金バッジ」絶賛販売中!


「漱石くん」をもとに「漱石くん 金バッジ」が完成しました。全体に金メッキを施し、重厚感のある作りになっています。サイズは、高さ26mm、幅16mm、厚さ1.5mm、重さ約5グラム。
1個600円(税抜き)から、一般販売も行っています。

                             

夏目漱石・記念年実行委員会

mail : sosekikinen@gmail.com